なぜ、羽毛ふとんをリフォームするべきなの?

なぜ、羽毛ふとんをリフォームするべきなの?

羽毛ふとんが暖かいのは、汗などの湿気を吸収して熱を出す湿潤熱があるからですが、長年の使用により汗などで羽毛が固まってきます。

羽毛ふとんが暖かいのは、汗などの湿気を吸収して熱を出す湿潤熱があるから。

長年の使用により…

  • 汗などで羽毛が固まったり、絡みあったりします
  • 汚れで吸湿発散性が落ちます

そうなると…
だんだん湿気を吸収できなくなってきますので、暖かさがなくなってきてしまう上に、調湿能力も落ちます。

それを防ぐためにも、羽毛を直接洗って、羽毛自体をきれいで広がった状態に保つことが重要!

ですから、快適な睡眠を得るための重要なポイントです!

羽毛ふとんをリフォームするよりも安い新品買った方が得?

羽毛ふとんをリフォームするよりも安い新品買った方が得?

近年、羽毛は高騰中 ➡ なぜ?

元々、羽毛は食用に育てたガチョウ(グース)・アヒル(ダック)の肉の副産物。

  • 食生活が変化して、ガチョウやアヒルを食べなくなってきてしまっています。
  • 需要が減っているので飼育する農家も徐々に減少中。
  • 飼育経費の高騰や、動物愛護の関係からハンドピック(羽毛の手摘)の禁止
  • 新興国でも羽毛製品を使い始めている

羽毛の原毛価格が高騰している

以前よりも採れる羽毛原毛の量も徐々に減ってきているので、需要と供給がアンバランスな状態なのです。

羽毛の原毛価格が高騰しているので、低価格品を作って販売するためには、

十分に育っていない鳥から採った羽毛を使用したり、手間やコストのかかるホコリ取りや洗浄を十分にしないことです。
➡質を落としてコストを抑えるしか低価格品は作れないのです。悪質なものでは、表示通りの物を入れてないものもあります。

10~20年程前に購入された羽毛ふとん(もちろん全てではありませんが)と同等の質で、同じような価格で手に入る状況ではありません。

安い低品質の羽毛を買うより、お持ちの羽毛を活かすこと

安い低品質の羽毛を買うより、お持ちの羽毛を活かすことをおすすめします

近年販売されている「安い」羽毛布団は、中の羽毛の質が悪い。

  • ホコリが多い
  • 洗浄も不十分
  • 未熟な羽毛

など…。なので暖かくないのです。

生地もポリエステル混やポリエステル100%のもの。
このような生地は通気性が非常に悪く、極端に言うとサランラップに羽毛を入れているようなもので、非常に蒸れます。

蒸れは睡眠の質を確実に下げ、身体も冷やします。
夜中に目が覚めてしまったり、蒸れが原因の冷えにより、身体に優しくない、睡眠の質を下げるお布団に。

安い羽毛布団を購入されたお客様の感想

  • 「寒いのに暑い」
  • 「暑いのに寒い」
  • 「布団をしょっちゅう剝いでしまい、寒くて目が覚める」
  • 「とにかく寒い」など…

こんな声が非常に多く聞かれます。

実際2年程度でヘタってしまい、お客様からご相談をお受けしましたが…
➡リフォームするのに逆にコストがかかってしまうので、非常にもったいない買い物に。
 羽毛布団をお持ちであれば、是非リフォームにお出しすることをオススメします。