MENU
blanket_main

カバーリング

寝具だけではなく体にも影響があります。

どんなカバーやシーツを選ぶかというのは、どんな布団を選ぶかと同じくらい重要。睡眠中にたっぷりかいた汗をきちんと吸収し、放出してくれるものをお選びください。

ポリエステル・アクリル・ナイロンなどの化学繊維のものは、基本的に汗を吸収しないため、蒸れて不快感となり、睡眠中のストレスから眠りの質も下がってしまいます。吸湿速乾を謳うものもありますが、単に隙間が多いだけで、化学繊維自体が水分を吸収しているわけではありません。

そのようなものでは、寝床の中は蒸れたままになってしまいます。また、化学繊維は帯電性質が人体とはかなりの差があり、静電気も起きやすく、埃や花粉や化学物質を寄せつけます。

それが刺激になって肌に痒みを生じたり、それらが蓄積された繊維自体がアレルギーを引き起こすこともあります。カバーやシーツは、寝具の中でも特に身体に触れる部分の大きいものです。天然素材の物を選びましょう。

吸湿性、放湿性、温度調節、ニオイがつきにくい、アレルギーが起きにくい、といったベッドリネン・カバーリングに求められる性能は、天然素材が備えています。また、肌触りや風合いといった感覚的なものも天然素材が優れていることはご存知のことと思います。優れた天然素材があるのなら、化学繊維でなければならない理由などはないのです。

毛布・ケット

最初は暖かいけど、暖まってきたら足などが暑く、毛布を蹴飛ばしてしまう

夜中に毛布だけ剥いでる

暑くて目が覚める

暑いのに寒い

毛布はプラスアルファの寝具です

元々、毛布は保温力をアップするために、布団の補助として使われていました。木綿布団に2枚合わせのアクリル毛布という組み合わせが一般的でしたが、寝室環境や住宅事情も変化により、非常に機密性が高く、冬でも部屋の中が暖かく過ごせるようなお家が増えました。
また、羽毛布団の普及もあり、寝具の状況も変わり、毛布は保温力アップから快眠のための役割に変わり、多くの家では、毛布はプラスアルファの補助寝具になります。

毛布選びも、単純に「寒い」「暑い」という視点だけで毛布を選ぶのではなく、身体と寝具との接点で感触を含め、吸湿発散性も考慮して、いかにお使いの布団との組み合わせで快適な寝心地を作るかという点で、お選びいただくことが大切です。

軽くても暖かい、自然の恵み

軽くても暖かい、自然の恵み。寒い真冬も暖かく眠れる毛布。かしわぎの毛布を手に取ったお客様は「えっ、これでいいの⁈」と、薄さと軽さに驚かれることがほとんどです。毛布というと、量販店などで売っているような、分厚いイメージが強いと思われます。あるいはぎゅっと詰まった化学繊維の重い毛布。「かしわぎ」の毛布は薄くて軽いのに、それらのような分厚い毛布よりも遥かに保温性があります。

さらには、通気性が良くて気持ちいいのです。毛布の素材には、極寒の地域に住んでいる動物の毛を使っています。そのため、暖めるパワーがとても強いのです。化学繊維が追いつこうとしても未だ追いつけていない、自然の力であり性質なのです。

冬こそ蒸れない天然素材を

寒い冬でも、人間は大量の汗をかいています。いくら分厚くて暖かくても素材が悪いと蒸れてしまい、明け方には水分・湿気が冷えて寒くなったりしますので、睡眠の妨げとなり、熟睡できなくなってしまいます。

天然素材なら、吸・放湿性が高いので、汗をかいても蒸れずに快適に眠れます。また、放湿性が高いということは、それだけ、温度調整機能があるということで、冬は暖かく、夏は涼しく。四季を通して、気持ち良くお使いいただけます。

真夏には真夏のケットを

ウールや綿のブランケットは、季節を問わず使えます。夏にはタオルケットとして、春秋には合掛布団や肌掛布団と組み合わせて、微妙な温度を調節します。

真夏には真夏向きのケットがあります。熱伝導率が高く、吸湿性と放湿性があり、ひんやりして、さらりとした肌触りで、においがつきにくく、耐久性がある、リネン。

麻のガーゼケットは「かしわぎ」の定番です。毛布やブランケットも、天然素材を知りつくした「かしわぎ」ならではのラインナップです。

– かしわぎオススメ 天然素材毛布 –

カシミヤ&ウール(純毛)

ウール(純毛)、特にカシミヤは毛布の素材としてベストです!
カシミヤやウールは、吸湿発散性、保温性のバランスが良く、かしわぎ取扱の物は非常に軽く、風合いも抜群です。

カシミヤは獣毛素材の中では、最も吸湿発散性が良いといわれており、その肌触りの柔らかさと併せて最高の寝心地です。
またカシミヤは等級によって、品質や風合いの差に大きな違いがあります。実際に「かしわぎ」で手にとって確かめていただけます。
ウールの糸をアクリル毛布のように織り、ウールボアのような風合いを出したものもございます。こちらはウールの暖かさを直に味わうことができます。

ウォッシャブル対応のウール毛布もありますので、気軽に純毛毛布としてお使いいただけます。しかし、ウォッシャブル加工をしてあるため吸湿性がしっかりした敷ふとんや、ベッドに敷くパッドなどとの組み合わせが重要です。

綿毛布

自然素材として、綿毛布をお使いの方も結構いらっしゃいます。綿は吸湿性に優れていますが、アクリルとは逆に保温力の高い素材ではありません。睡眠中の汗を吸ってしまうと、湿気が増えて保温性が落ちてしまうのです。どちらかというと、代謝量が高めで暑がりの方にオススメです。

特に、綿は発散性が低いのでこまめに天日で干すことをお勧めします。

また綿毛布は洗うことができる利点がありますが、洗いすぎると硬くなり風合いが低下しますのであまり頻繁な洗濯はおすすめしません。洗濯の際には、リンスを併用していただくとふんわりと仕上がります。

アクリル混綿毛布

基本的にアクリル繊維はオススメしませんが、アクリルの保温性と、綿の吸湿性という2つの素材の良さを合わせた、かしわぎで取り扱うアクリル混綿毛布は、ドイツメーカーが作る綿60%・アクリル40%で織ってある、アクリルの保温性を活かして暖かく、綿で吸湿性を持たせたハイブリッド毛布もございます。
色や柄も日本製にはないキレイな色合いおしゃれなデザイン、ヨーロッパの毛布らしい軽くて扱いやすい毛布です。

寝具のメンテナンスかしわぎにお任せください

あなたのまくら選びをお手伝いさせていただきます

夢工房かしわぎでは睡眠環境診断士・睡眠健康指導士があなたの枕選びをお手伝いさせていただきます。
お気軽にご相談くださいませ。