MENU
cover_top

寝具だけではなく体にも影響があります。

どんなカバーやシーツを選ぶかというのは、どんな布団を選ぶかと同じくらい重要。睡眠中にたっぷりかいた汗をきちんと吸収し、放出してくれる、天然素材がオススメです

かしわぎでは基本的に化学繊維はオススメしません

・ポリエステル・アクリル・ナイロンなどの化学繊維のものは、基本的に汗を吸収しないため、蒸れて不快感となります
・蒸れる素材は睡眠中のストレスから眠りの質も下げてしまいます。
・吸湿速乾を謳うものもありますが、単に隙間が多いだけで、化学繊維自体が水分を吸収しているわけではありません。

このような素材では…
・寝床の中は蒸れたままになってしまいます。
・化学繊維では帯電性質が人体とはかなりの差があり、静電気も起きやすく、埃や花粉や化学物質を寄せつけてしまいます。

そのような素材では…

・刺激になって肌に痒みを生じたり、それらが蓄積された繊維自体がアレルギーを引き起こすこともあります。

寝具の中でも特に身体に触れる部分の大きいものですから、天然素材の物がベストです。

吸湿性、放湿性、温度調節、ニオイがつきにくい、アレルギーが起きにくい、といったベッドリネン・カバーリングに求められる性能は、天然素材が備えています。また、肌触りや風合いといった感覚的なものも天然素材が優れています。

新入荷商品のご案内