ヨーロッパ出張3日目は朝早くからの移動です。スイス・チューリヒ中央駅からオーストリアのザルツブルク中央駅まで、オーストリア鉄道で乗換無し。朝6:40発の電車で出発です。

20170925221108

チューリヒ中央駅で朝ご飯のパンとコーヒーを買い…ん?スイスフラン。けど、大丈夫、ユーロ使えます。が、手数料多少取られるので若干割高。なぜかその時の私はお釣りがスイスフランで返されるのを忘れ、大き目の額のユーロ紙幣で支払ってしまい、そこそこの額のスイスフランでお釣りが返ってきました。やっちまった(゚o゚;;もうスイスを離れるのに長距離列車で、食堂車がありますから、ま、お昼御飯に使うか、と切り替え、とりあえず電車に乗車したのでした。

20170925221137-2

この電車もチューリヒ中央駅始発で、問題無く、定刻通りに出発。5時間半も電車に乗るのは初めてだったのですが、席は広めでまあまあ快適です。

スイスとオーストリア国境の手前までは順調だったのですが、ある駅で停車し、乗客も乗って出発、ん?と、停まった?20分くらい停まっていたでしょうか?え?なんかドイツ語でアナウンス。
機械トラブルみたいなこと言ってる?また、何故か先ほどの駅に戻ります。うわー、また遅延だ!(゚o゚;;とりあえずしばらくは座って待っていましたが、ホームに降りれそうなので降りてみます。先頭の牽引車両を取り替えるようです。食堂車のスタッフが降りてきて一服しているので、どのくらいかかるかな?と聞いてみるも、「分からないなぁ〜」と呆れ顔。笑 急に電車に走られても困るなぁ〜と言ったら、「ドアにセンサー着いてるからタバコの箱置くとドア閉まらないよ」と、完全に慣れてますね、こういったトラブルに笑

※オーストリアの車窓から

しばらく待たされ、結局またまた遅延、若干遅延に慣れてきている自分。笑 車内でボーッと出発を待っている間も、誰も電車内でイライラしている人がおらず、どこかからギターの音色と歌声が聞こえてきますし。日本で電車が5分遅れてちょっとイラっとしていた自分が本当に小さく感じてしまいました。

※長時間停まった駅ではないですが。

やっと出発しましたが、何時にザルツブルクに着くか分からないので、訪問先のメーカーの方にメールを。そこからは順調で、途中の停車駅に到着予定の時間が出ており、結局約2時間半の遅延です。

20170925222301-4 20170925221519-5

途中食堂車でランチを。よしよし、スイスフラン使っちゃえ。え?ユーロのみ?スイスから出てるじゃんこの電車!泣く泣くユーロでお支払いです。

14:30頃にやっと目的地のオーストリア・ザルツブルクに到着!

メーカーの方と合流し、先方の会社へ移動です。ちょっと移動したら、すぐそこにウチの商品扱ってるお店あるけど寄ってみる?と、言っていただいたので!ぜひ!と、お店訪問です。

木の温もりをたっぷりと感じる素敵なお店で、オリジナルのベッドフレームなど、木材を存分に活かしていて本当に勉強になり、ディスプレイなど真似したい処が満載でした。キッチンのリフォームなども扱っているようでした。

さあ、先方の会社へ移動です。が、長くなってしまいましたので、オーストリア・ザルツブルク編その2に続きます。