MENU
wool-futon_03

ウッドスプリング&エレメント

組み合わせて使う、身体に合わせる理想形

体型にフィットし、背骨にやさしい、理想的な寝姿勢を実現します。
かしわぎでは畳やフローリングでもお使いいただけるウッドスプリングエレメントと、ドイツ・センベラ社ベッドフレームと併用するウッドスプリングもご用意しております。
ウッドスプリング・エレメントといっても各種構造が違い、寝心地や特徴が違います。お試し寝をしていただき、ご自分に合ったものをお選びいただくことが大切です。

- スイス「ヒュスラーネスト」 -

かしわぎは神奈川県での販売代理店です。
「ヒュスラーネスト」はスイス国内はもちろん、オーストリアなどの睡眠クリニックでも寝具として推奨され、約20万台の出荷実績があるベッドシステムです。

リフォーマエレメント

リフォーマエレメント(2層)

横向き寝が多い方や睡眠時無呼吸症候群の方には特にオススメの敷寝具です。睡眠時無呼吸症候群の方には、できるだけ、呼吸のしやすい横向き寝を推奨しておりますが、そのためには出っ張っている肩や腰に負担をかけず、やさしく受け止めてくれる敷寝具が必要です。

新案特許の「リフォーマスプリングエレメント」なら、2層のトリメール板から構成され体圧を均一分散します。
上部のトリメール板の1本1本が身体の各部位の動きに合わせて体圧を支え、上部と下部のトリメール板の間に挟み込まれた4本のラテックス(天然ゴム)のサスペンションが、上部のトリメール板にかかった体圧を下部のトリメール板に分散して伝えます。そのため自然な寝姿勢で身体のS字カーブがキープされ、横向きになった時にも背骨のラインを水平に保つことができます。またトリメール板がしっかりと身体を支えますので、寝返りも打ちやすい構造となっています。

ヒュスラーネストのリフォーマエレメントは身体の大きい方、小さい方など、体型の違いに関わらず理想的な寝姿勢を実現いたします。

ふとんエレメント

フトンエレメント(1層)

2層のリフォーマエレメントと同じ素材で作られていますが、スプリングの部分に10mm厚のトリメール板を使用し、1層という構造上、リフォーマエレメントより少し硬めの寝心地になります。このふとんエレメントでも背骨を常に自然の状態に保つ、理想的な寝姿勢を実現します。リフォーマエレメントやこのフトンエレメントに併用して、ラテックスマットレスを一緒にご使用になると、極上の寝心地になります。
現在ご使用の敷布団と、このふとんエレメントを組み合わせることも可能ですが、マットレスの構造や素材によって向き不向きがございます。ふとんエレメントの良さが生きない可能性もございますのでご相談ください。

- オーストリア製「 リラックス・ナチュールフレックス」 -

~カラダを支える理想形~

体型に合わせて調節でき、自然に身体のS字カーブにフィットします。天然ゴムと無垢のブナ板のしなりで背骨にやさしい適正な寝姿勢の保持と体圧分散を同時に実現します。

上部と下部・合計62本の天然木(ブナ材)のスラット(木の板)と、それを3連~4連の天然ゴムによるサスペンションが身体を支え、しなることで自然で適正な寝姿勢を実現します。2種類のブナ板の組み合わせをお客様一人一人の体型に合わせて調節します。

 

サスペンション(天然ゴム)の幅を調節することにより、寝心地も変えることができ、体型の凹凸に沈み込みを合わせて調節することができるウッドスプリングエレメントです。

 

ブナ材から作られるスラットは厚みの違う2種類があり、体型に合わせて調整し、背骨のラインを適正に整えます。

使用後の体型の変化にも、調節機能により対応が可能で、仰向け寝・横向き寝両方に対応できる理想的なベッドシステムなのです。

その他にもウッドスプリングやエレメントをご用意しております。
ぜひ、寝てお試しください

- ジェルトロン - 2レイヤーマットレス

リクライニングベッドとも相性抜群!

アメリカの宇宙船内用衝撃緩衝材の研究開発から生まれたジェルを二層一体成型に改善し、 立体格子型グミ状ジェルと進化させたのがジェルトロンです。
※実用新案登録済 韓国・中国・香港・台湾特許登録済

グミキャンディーのように肌に優しい感触が特徴で、 体圧分散性に優れていると同時に一般的なウレタン素材の4~5倍の耐久性を備えております。 また通気性に優れているため蒸れをため込まず、簡単に洗うこともでき、とても衛生的です。 

ジェルトロン2レイヤーマットレスは、2.2cm厚&4.5cm厚のジェルトロンの2段構造により、睡眠中のあらゆる荷重に対して柔軟に形状を変化でき、痛み、しびれ、違和感など体にかかる負担が非常に少ないのです。

「ジェルトロンマットレス」の最大の特徴は、ご使用者の身体に合わせて最適な硬さ設定ができることです。人が寝ているときマットレスにかかる荷重割合は、頭部7%、肩33%、腰・お尻44%、脚16%と部位によってバラバラです。そのため、マットレスが一様に硬すぎたり柔らかすぎたりすると体に負担がかかり、リラックスした寝姿勢を保つことができません。スムーズな呼吸ができず、安眠の妨げとなります。ジェルトロンマットレスは、使用される方の体型に合わせて「頭・肩」「腰・お尻」「脚」の3箇所で、それぞれ6段階の硬さから最適な硬さのジェルトロンを設定。快適で正しい寝姿勢をサポートします