MENU
blanket_main

カバーリング

おふとんのカバーはただ布団の汚れを防ぎ、傷みから守るだけとお考えではありませんか?

もちろんカバーリングは布団の汚れや傷みを防ぐ役割もありますが、直に肌に触れる部分でもあるのです。
それが硬かったり、刺さるような感じがしたりなど不快感があるようでは快眠への妨げとなってしまいます。

よくアレルギーの人向けで、ほこりが出にくい高密度で織られたポリエステル100%のカバーなどがありますが、そのようなものを使ってしまうと、高密度で織ってあるために通気性が著しく悪く、ポリエステルのせいで蒸れやすくなります。極端に言うとサランラップを布団にかぶせるようなものなのです。
さらには、蒸れを助長させるだけでなく、羽毛布団では羽毛が空気を含みづらく、呼吸をしづらくなり、羽毛本来のかさがでて暖かいという機能を生かしきれません。

カバーリングにも綿、麻、シルクなどの天然素材がオススメです。

ただし綿100%が良いかといえばそうではなく、質の悪いものではほこりの原因となったりします。
上質の天然素材のカバーに触れると何とも言えない気持ちよさや柔らかさなどで入眠時のストレスを軽減できます。
お布団を生かすも殺すもカバー次第、お好きな感触で気持ちの良いカバーを、かしわぎでお選びください。

毛布

最初は暖かいけど、暖まってきたら足などが暑く、毛布を蹴飛ばしてしまう

夜中に毛布だけ剥いでる

暑くて目が覚める

暑いのに寒い

毛布はプラスアルファの寝具です

元々、毛布は保温力をアップするために、布団の補助として使われていました。木綿布団に2枚合わせのアクリル毛布という組み合わせが一般的でしたが、寝室環境や住宅事情も変化により、非常に機密性が高く、冬でも部屋の中が暖かく過ごせるようなお家が増えました。
また、羽毛布団の普及もあり、寝具の状況も変わり、毛布は保温力アップから快眠のための役割に変わり、多くの家で寝具にプラスアルファの補助になります。

毛布選びも、単純に「寒い」「暑い」という視点だけで毛布を選ぶのではなく、身体と寝具との接点で感触を含め、吸湿発散性も考慮して、いかにお使いの布団との組み合わせで快適な寝心地を作るかという点で、お選びいただくことが大切です。

冬こそ蒸れない天然素材を

アクリル毛布は確かに暖かいのですが、吸湿性が非常に悪く睡眠中の蒸れの大きな原因になり、睡眠への大きなストレスになります。

フリースなどのポリエステル素材の毛布も、見た目や感触の柔らかさなどで、暖かく感じますが、保温力はそこまでありません。やはり、吸湿性がほぼないといって等しく、結局アクリル毛布と同じく、蒸れて、冷えの原因になります。

元々、アクリル毛布は保温性に優れていますが、吸湿性はほとんどありません。
寝具の中が体温で暖まり33℃近くになってくると、吸湿性のないアクリル繊維では湿度も上がり、お布団の中が蒸れるのです。ポリエステルの布団が蒸れるのと同じです。

特に2枚合せのアクリルのマイヤー毛布、1枚で軽量なニューマイヤー毛布の2種類を非常の多くの方がお使いになられていますが、特に重たい2枚合せは特に避けましょう。重さで非常に扱いづらく蒸れを助長します。1枚物の軽量なニューマイヤーも、同じく、睡眠中の蒸れのことを考えるとオススメできません。

– かしわぎオススメ 天然素材毛布 –

綿毛布

自然素材として、綿毛布をお使いの方も増えてまいりました。
綿は吸湿性に優れていますが、アクリルとは逆に保温力の高い素材ではありません。睡眠中の汗を吸ってしまうと、湿気が増えて保温性が落ちてしまうのです。どちらかというと、代謝量が高めで暑がりの方にオススメです。

綿は発散性が低いのでこまめに天日で干すことをお勧めします。

また綿毛布は洗うことができる利点がありますが、洗いすぎると硬くなり風合いが低下しますのであまり頻繁な洗濯はおすすめしません。洗濯の際には、リンスを併用していただくとふんわりと仕上がります。

ウール(純毛)

ウール(純毛)特にカシミヤは毛布としてベストの素材です。
吸湿発散性、保温性のバランスが良いのがウールになります。そのため、毛布=純毛(ウール)と考えられていました。

従来の毛刈りタイプの純毛毛布はチクチクとした感触、風合いについての難点を言われていますが、純毛毛布の最高峰といえばカシミヤ毛布と言われています。

カシミヤは獣毛素材の中では、最も吸湿発散性が良いといわれており、その肌触りの柔らかさと併せて最高の寝心地です。吸湿発散性の良さから、夏は麻のシーツと組み合わせるのもオススメです。
またカシミヤは等級によって、品質や風合いの差に大きな違いがあります。実際に手にとって確かめていただくことも大切です。
一方、ウールの糸をアクリル毛布のように織り、ウールボアのような風合いを出したものが増えてきました。こちらはウールの暖かさを直に味わうことができます。

多くの製品はウォッシャブル対応のウールを使っていることもあり、気軽に純毛毛布としてお使いいただけます。しかし、ウォッシャブル加工をしてあるため吸湿性がしっかりした敷ふとんや、ベッドに敷くパッドなどとの組み合わせを考える必要があります。

アクリル混綿毛布

アクリルの保温性と、綿の吸湿性という2つの素材の良さを合わせて生まれたのが綿アクリル混毛布です。
かしわぎで取り扱うアクリル混綿毛布は、ドイツメーカーが作る綿60%・アクリル40%で織ってある、アクリルの保温性を活かして暖かく、綿で吸湿性を持たせたハイブリッド毛布です。
色や柄も日本製にはないキレイな色合いおしゃれなデザイン、ヨーロッパの毛布らしい軽くて扱いやすい毛布です。