MENU
bedding_03

毎日気持ちよく目覚めていますか?

「よく眠れない」「眠りが浅い」「腰や背中、肩、肩甲骨の辺りが痛い」「体が冷えて夜中に目が覚めてしまう」などのお悩みの方も、身体に合った寝具に変えるだけでも解決できる方が大勢いらっしゃいます。

寝返りが非常に多かったり、逆に全然寝返りをしない、夜中に何度も目が覚めてしまう、朝起きて肩、首、腰などが痛いなどの症状が出たらお使いの寝具が合ってないサインです。
人間は1人1人骨格も違えば、身長、体重、体質や好みも違います。
気持ち良くお休みいただけるために、ご自分に合った寝具を見つけませんか?

夢工房かしわぎでは睡眠環境診断士・睡眠健康指導士が、睡眠科学に基づき、あなたに合った寝具選びをお手伝いさせていただきます。最適な寝具選びは夢工房かしわぎにおまかせください!

お電話にてフィッティングやお試しをご予約いただきますと、スムーズにご案内させていただけます。ぜひご利用ください。

快適な睡眠には寝床内気候(お布団の中)の温度を33℃前後、湿度を50%前後に整えることが重要です

敷布団&ベッド・マットレス

敷布団・ベッドの選び方とは・・・

敷布団やベッドなどの敷寝具は背骨のS字カーブを正しく支え、体圧分散をし、睡眠中の汗を吸収し、それを放出しながら、下からの冷えを防ぐという非常に重要な役割があります。

寝姿勢を悪くするマットレスや布団、吸放湿性に乏しく、蒸れてしまうような敷布団や敷パッドでは良い睡眠は得られません。

マットや敷布団が正しく身体を支えられないものだったり、使いすぎて弾力性がなくなり、ヘタってしまったものをお使いになられると、身体が「くの字」のような状態で寝ることになり、非常に身体(特に背骨など)に負担がかかります。

いくら体圧分散性のデータが良いものでも落とし穴があります。例えば、体圧分散性が高いといわれている低反発マットレスは当店ではオススメしていませんが、低反発マットレスで寝ると、体の型(かた)を取っているような、マットにうずまりこんだ寝姿勢になります。
低反発マットは温度変化に弱く、季節によって固さが変わってしまいます。夏は柔らかく、冬には硬くなってしまう上に、マットレスにうずもれたような状態で寝ることは、寝返りが非常にしにくく、睡眠時の大きなストレスになります。
低反発マットレスを布団の上や、ベッドマットレスの上に敷いている方もいらっしゃいますが、ウレタン素材のため吸湿性が悪く、睡眠時の汗を処理できず、蒸れてしまいます。蒸れは睡眠時に非常に大きなストレスを与えますから、ウレタンなどのマットレスに、直にお休みになることはオススメしません。低反発マットレスをお使いになるとしても、その上には必ず、吸湿性に優れた天然素材の敷布団やベッドパッドをお使いいただくことが大切です。


また、人間は睡眠中、仰向けだけでなく、必ず寝返りをし、横向きでも眠ります。その際、上の図にあるように、特に肩に集中して体圧がかかった状態で寝るようになります。

横向け寝を多くされる方などは、特に肩や肩甲骨に負担がかかりやすく、マットが硬すぎるものをお使いだったり、合っていないもので寝ていると、肩に負担のかからないようにマットが身体を支えるのではなく、自分自身の筋力などで身体を支えるように寝てしまい、背中や腰に負担がかかるように寝られてしまう方も非常に多くみられます。

無理のある寝姿勢で寝ていると、特に背骨に負担がかかります。

背骨は立ち姿勢を維持するばかりでなく、回したり、曲げたり、伸ばしたりと、様々な動作をします。背骨を柔軟に動かすために、椎骨と椎骨の間にある椎間板が大きな役割を果たしており、ゼラチン状の髄核と線維輪で満たされた椎間板は、クッションの役目をします。

健康な状態であれば衝撃を吸収し摩擦を防いでいますが、椎間板は毎日の生活の中ですり減るのです。

日中の生活ですり減った椎間板は、睡眠中に圧力から解放され再び水分を吸収して自ら回復していくのですが、

  正しい寝姿勢で寝ることができなかったり、

  身体に合わなかったり、

  長年使用して弾力性が低下し、ヘタってしまった敷寝具やマットレスなどで寝ていると、

背骨に負担がかかり、不自然に曲がってしまい、椎間板へ大きな負担がかかってしまうのです。

これらの状態では椎間板は圧迫されたままになってしまい、十分に回復することができません。

さらには、最近でこそ良く知られるようになりましたが、人間は寝ている間に不感蒸泄と呼ばれるコップ1杯~1杯半の汗(夏はその2倍~3倍)をかきます。

吸放湿性の乏しい蒸れてしまうような布団やベッドパッドで寝てしまうと、寝返りが非常に多くなったり、冷えたりして快適な眠りを阻害し、身体に大きなストレスをかけてしまうことになり、無理な寝姿勢で寝てしまうようになったりして、結果、椎間板の回復を妨げることになってしまうのです。

人間の骨格や体形は千差万別ですから、マットや敷布団を硬い・柔らかいなどの硬さや、有名スポーツ選手や有名人が宣伝しているからという理由で敷寝具を選ぶのではなく、自分専用として、自分に合ったものをお使いいただくことが非常に大切なのです。

畳・フローリングの上での利用

敷布団の1枚敷きは、冷えや床・畳からの突き上げが下から直に伝わり、冷えたり、身体が無理に圧迫されます

畳の上やフローリングの上でお休みになる場合は最低でも敷布団を2枚敷く、もしくは身体に合ったマットレスを下に敷き、身体を支え、吸湿性の高い天然素材の布団で、寝床内気候を整えることが必要です。

敷寝具の2枚敷きは、身体の冷えを防ぎ、睡眠中の汗を吸って、体圧を分散しながら、背骨のS字カーブを適正に保つため、特に上に敷くお布団を天然素材の敷寝具にすることは、寝床内気候を、最適な温度(33℃前後)、湿度(50%前後)に保つために必要なことなのです。

フローリングでの注意点

フローリングは畳に比べて弾力性が無く、1枚敷きで横向け寝をしていると出っ張っている肩に体重が集中し痛みを感じる方も多く、仰向け寝でも同様で、臀部や背中、腰などに痛みを感じる方も多いのです。
この状態の続けると敷寝具の状態に合わせた無理な姿勢で寝たり、横向き寝がしにくいがために極端に寝返りが減って同じ姿勢で寝ることになり、身体の同じ箇所に負荷が集中し、腰や背中、臀部などにも痛みを感じてしまうようになります。

フローリングでの注意点

また畳と違いフローリングでは直接板が張られていることがほとんどです。湿気の逃げ場も無く、布団を敷いたままで放置してしまった結果、布団にカビが生えてしまったお客さまからも、多く相談をお受けしてます。

毎日床や畳におふとんを敷きっぱなしにしたりせず、天日干しや陰干しなど、風通しをしていただくことが大切です。寝る際にスノコや吸湿シートを併用されることをオススメします。

畳敷きやフローリング向けの敷布団・マットレスなどゆっくりお試し寝いただけます。

あなたに合った、あなたのためだけの敷寝具はかしわぎにおまかせください!

ベッドの方の場合

寝返りのしやすさと吸湿性について

理想的な寝返りは一晩に20回程度といわれていますがこれは個人差があります。体圧分散性が悪かったり、不自然な寝姿勢になってしまったり、自分に合っていないマットレスで寝続けてしまうと、身体に無理な負荷がかかり、楽な寝姿勢を探すように頻繁に体を入れ替えたりして、寝返りが非常に増える方も多いのです。
逆に寝返りしづらい寝具などのせいで、適度に寝返りができない方も多くいらっしゃいますが、フローリングや畳に布団を敷いて寝られる方と同様に、身体の同じ箇所に多く負荷がかかり、痛みの原因にもなります。

ベッドの注意点

ベッドでお休みになる場合は、背骨のS字カーブを保ち、体圧分散ができる、身体に合ったマットレスを使うことが重要です。

快適に眠ることができるマットレスの素材や構造は色々とありますので、実際に当店で試し寝を行ない、自分と相性の良いマットレスをお選びください。

また、ベッドマットレスの上に吸放湿性・保温性の高い天然素材の敷布団またはベッドパッドをお使いいただくことが併せて重要なのです。

多彩なラインナップと組み合わせで、あなたの身体に合わせるウッドスプリングエレメント、ベッドマットレスなども、ゆっくりお試し寝いただけます。

あなたに合った、あなたのためだけのベッドはかしわぎにおまかせください!

– 金属のスプリングマットについて –
かしわぎは金属のスプリングマットは置いていませんし、オススメもしていません

身体への負担が大きい、金属のスプリングコイル

元々金属のスプリングは寝姿勢や寝心地を考慮して選ばれた素材ではありません。
金属のバネではかかった体重・荷重分(特に出っ張った臀部などや肩など)を、バネが押し返し、体圧分散や背骨のS字ラインを正しく保てず、体に負担がかかるのです。

種類も高価格帯、低価格帯と様々ありますが、値段に変わらず基本的な構造はボンネルコイルやポケットコイルでほとんど変わりません。寝心地を変えるため低反発のウレタンなどをくっつけたり、鋼の具合などで硬さを調節するくらいしか寝心地を変えることはできないのです。
また、身体に合わせて調節することもできません。人の身体はそれぞれ違いますので硬い柔らかい程度の差では対応できないのです。

さらには、あまり知られていませんが、平均的な金属のコイルスプリングマットレスの寿命は良いものでも7~8年です。よっぽど鋼が鍛えられていないと10年前後もちません。安値なものでは1~2年ですから耐久性は高くありません。一番体重のかかるお尻の部分からへたっていき、身体が不自然な「くの字」形で寝ることになり、身体に大きな負担をかけることになります。ヘタリとは全体の厚みのヘタリではなく、弾力性のヘタリなのです。ですから、なかなか一般の消費者の方ではそのヘタリは分かりづらいのです。

金属のスプリングマットレスを利用され、朝起きてから肩や首などのコリや痛みに悩まされる方に横向き寝中心の方が非常に多くいらっしゃいますが、横向き寝が悪いのではなく、金属のスプリングマットレスに寝ていると、出っ張った肩への金属のコイルからの圧迫などにより、その圧迫に合わせて身体に負担のかかる寝姿勢で寝てしまい、肩や首、肩甲骨付近の筋肉への緊張が大きいのが一因です。

横向き寝を中心にお休みになられる方には、肩と腰をうまく受け止める厚みや構造、素材などの敷寝具が必要です。特に横向き寝中心の方にはウッドスプリングエレメントなどをお勧めいたします。

リサイクルや分別がしにくいので、処分が大変です

粗大ごみのほとんどが寝具やマットです。また国内で販売されてるベッドマットのほとんどが金属のスプリングを使ったものです。最近では寝心地を向上させるために金属スプリングと低反発ウレタンを組み合わせるなど、マットは複雑な素材になってしまい厚くなる傾向にあります。そのようにスプリングマットレスを作ってしまうと、ただでさえ分別がや廃棄がしにくいのに、さらに分別する手間が重なるので、作業が容易でなくなり、自治体によっては処分の際に生地や詰め物と金属スプリングを分別しなければならないなど、処分が非常にしにくくなってきています。
自治体によって大きく差はありますが、益々、消費者への負担(処分料なども)が大きくなることは間違いありません。

環境先進国でもあるヨーロッパ、特にドイツやオーストリア、スイスなどの国々では、金属スプリングのマットをベッドやマット売場で見ることはあまりありません。
生分解性に優れた土に還る天然ラテックスフォーム(天然ゴム)や、リサイクル可能なウレタンフォームが主流となってきているのです。

金属のコイルスプリングよる電磁波の影響

金属のスプリングはコイル状であることがほとんどですから、電磁誘導しやすく磁場を乱すので身体に良くない影響があると言われています。
あるメーカーが調べたところ、金属のコイルマットレスとノンコイルのマットレスで寝比べた場合、金属のコイルマットレスでは30%血流が悪くなったという調査結果があるくらいなのです。これらのような電磁波の影響を避けるためにメタルフリーのマットをオススメしています。
かしわぎでは、人にも環境にも優しい素材をご提案しております。

試し寝を行なっていただき様々な商品から比べてお選びいただけます。
かしわぎであなたに合ったマットを見つけてください。